北房キムチの

​物語

호쿠보 김치 이야기

​地域が世界とつながる

北房キムチの誕生

호쿠보 김치의 탄생

日本一のホタルの里と呼ばれる岡山県真庭市の北房地区。

韓国出身の地域おこし協力隊が地域の特産品なのに売ることのできない規格外の梨を見て、幼い頃お母さんが作ってくれたすりおろした梨入りのキムチを思い出しました。地域で40年加工食品を作ってきたお母さんグループ「北房生活交流グループ」と意気投合した協力隊、韓国に30人しかいないキムチ名人を招き、本場のレシピを伝授してもらいました。

それから2年間、韓国のお母さんとの交流を繰り返して、日本の野菜に一番合うキムチの作り方を研究・発展させました。

写真:商品化に向けて研究中。日本の野菜の扱いに関しては日本のお母さんたちのお手のもの。

廃校になった阿口小学校でのキムチ作り体験イベント。北房キムチはここから始まりました。

北房キムチの特徴

호쿠보 김치의 특징

韓国との交流で始まった北房のキムチ作り、韓国の良いものと地元の良いものを合わせています。

天日塩
韓国の
​良いもの
日本の
​良いもの

添加物や調味料はもちろん、砂糖も使わず、梨や唐辛子、野菜が持っている天然の甘さを引き出しました。​

1度漬けて4度美味しい。1ヶ月楽しい。

​호쿠보 김치가 맛있는 이유

北房キムチの素1パックに白菜や大根はもちろん、何でも好きな野菜500gを塩漬けして合わせることで本格的なキムチが出来上がります。保存剤も調味料も入ってないので、漬けてからゆっくり自然発酵が進んでいきます。

最初は辛味が心地よい刺激を与えます。保存容器に入れて3日間冷蔵庫で保管すると、まろやかな旨味が増してきます。
自然発酵するキムチの味の変化から好みの味を探してみてください。
1ヶ月過ぎて酸味が強くなったキムチは料理によく合います。砂糖を少し入れて火を通すことで、豚キムチやチゲ鍋などにとても深い味を加えてくれます。

田舎のお母さんたちの国際交流から生まれた「北房キムチの素」。

その1パックは、お母さんたちのキムチ作り物語への招待状です。

© Copylight2017 hokubo-kimchi.com All Rights Reserved.

北房キムチ販売

株式会社 ふ

〒716-1421 岡山県真庭市下呰部415-1​

電話:0867-45-1117  Email:info@hokubo-kimchi.com

担当:カン